見附台周辺地区の整備に向けて進捗などの説明会

昨日、標記の説明会に参加しました。

 

市内の見附台地区で行われている事業に関するものです。

現在は利用が停止されている市民センターがあり、その建て替えなどを含めた整備計画が進められています。

 

事業は、PFIの手法が採用されています。

今年、事業者に対する提案募集が実施され、その結果、優先交渉権者が決定しました。

今回の説明会では、平塚市の担当者による全体の取り組みの説明と、事業者による提案内容の紹介がありました。

 

計画は、新文化センター、公園、商業施設などで構成されています。

概要については、理解できたと思います。

 

新文化センターの利用開始は、2022年3月に予定されています。

これから3年以上かけて、整備が行われる見込みです。

 

平塚のまち全体に影響すると言えるような大きな事業です。

今後も注目したいと考えています。

カテゴリー: まちづくり パーマリンク