県民からの政策提案制度「バス交通の課題解決モデルの作成と実施」

発表日

2011年6月2日

 

概要

神奈川県の政策研究・大学連携センター(シンクタンク神奈川)が募集した、政策提案に応募した作品の一つです。

少子高齢化や地球温暖化などへの対応が求められる環境の中で、バスの不採算・赤字路線の増加、路線の減少等といった現状を踏まえ、県を中心とした行政と事業者、生活者が一体となって課題解決に取り組むことを提言しています。

 

結果は、残念ながら選外でした。

ただ、この提言を作成する中で自分の関心の所在が明らかとなり、有益な取り組みとなったと考えています。

 

発表物