心について

恐れから逃れる手段は、知ること


知らないから恐れる


答えを出すから、迷いがなくなる


外には広く、内には深く


後悔は、ベストでないから


目標の位置で決まる


楽しむとは、楽しもうとすること


最後に残るのは、勇気


小人物は小さな心を持ち、大人物は大きな心を持つ


綺麗な心で行う取り組みは綺麗であるし、濁った心で行う取り組みは濁るものである


心も鮮度が大事


否定の目で見れば、何でも否定される

肯定の目で見れば、何でも肯定される


避けて通れない道であれば、堂々と通る


無意識に作っている枠は、意識して取り外す


一所懸命やればよいというものではない

何を一所懸命やるのかが大切


自分が敵と思わなければ、敵はいない

自分が味方と思わなければ、味方はいない


迷いがないのは強い

しかし、迷いがあることを理解しているのは、弱くはない


困難な問題から目を背けることは、より大きな問題を引き起こす


最善を尽くしてもよい結果になるとは限らない

しかし、最善を尽くすしかない