理について

高さが違えば、見える世界が異なる


本質は、シンプル


スタンダードは、変わる


正しい道は、地味なもの


楽は苦の道

苦は楽の道


限界は、考えるよりずっと先にある


大変とは、それだけの価値があるということ


反対が180°になるのは、0°だけ


大切に使えば、長く持つ


変革は、絶望から始まる


必要とされたものが生き残る


一流の程度とは、厳しさの程度


反対側から見ても正しければ、正しい


精度は深さ


細分化された目標が、現実のものとなる


世の中は、完全に向かおうとする


世の中には、必要な出来事が起きる


「不要以外は必要」ではない

「必要以外は不要」である


大きな違いとは、小さな違いの積み重ね


最悪の経験なくして、最高はない


ムダがないから、スキがない


道を外れたものは、引き戻される


世の中は、正しい道を示す


正しい道は、厳しい道


厳しいが、優しい

優しいは、厳しい


大きなものが、影響を及ぼす


全ては、日々の積み重ねの結果


違いは、真剣さの度合い


大きな傾きは気づきやすいが、小さな傾きは気づきにくい


急な成長は、痛みを伴う


厳しさが進歩させる


現実に厳しく

夢に優しく


本質に近づくほど、シンプルになる


最善は変わらないが、最善の手は常に変わる


180°変われば、恐らく本物


花や葉ではなく、枝や幹を見なければならない


残ったものが、「本物」となる


理が成る点で世の中はよくできていて、理が為されない点で世の中はよくできていない


「悪くはない」は、「悪い」より悪くもなる


澄めば澄むほど、汚れが分かる


正しい積み上げは、後に楽をもたらす

正しくない積み上げは、後に苦をもたらす


想いが世界をつくる


拡大と縮小を組み合わせる


時が来ねば、道は開かれない


利益は、目的でなく手段


しぶといものが残る


最悪な出来事が、最高への始まりとなることは、多い


波は、呑み込まれれば翻弄され、乗れば快適である


削らねば、尖らず


質による量のカバーは、易しい

量による質のカバーは、難しい


不要かどうかではなく、必要かどうか


バランスは、目的でなく手段


バランスは、取るというより、欠かないようにする


常にデザインする


トゲを無理やり抜こうとすることは、得策ではない


弱点は、攻められる


価値を生むのは、現場


中途半端は、危険である


取り込むエネルギーが少なければ、出力できるエネルギーも少なくなる


戦略あっての戦術であり、戦術あっての戦略ではない


素晴らしいものは、成長させてくれる


高いところから低いところに流れる


変われるところから変わる


できないこと以外は、できる


変化に対応できるものが残る


積み上げたものは崩れにくいが、盛ったものは崩れやすい


世の中、紙一重


苦労は、早いほど楽である


必要なものが分かれば、不要なものが分かる


面を攻めるとしても、点を打つ


正しく積まねば、やがて崩れる


頂に近づくほど、少なくなる


守れなければ、攻められない


日常があるから非日常があるのであって、非日常があるから日常がある訳ではない


理とは、シンプルなものである


獣は、獣の喜びまでを知る


正しき道は、力強い


「運」とは、理解が及ばぬだけ


原因は、作るもの

結果は、作られるもの


「想像力」は、考える力

「創造力」は、つくる力


実践にこそ価値が生まれる


多くは、既に世に現れている

大事なのは、どう理解するか


「こだわり」と「とらわれ」は、異なる


簡単に変わることは難しいが、変わることは簡単である


同じようなことは、幾つもある

同じことは、一つしかない


原因なき結果はない


答えは、事実から生まれる


最後にくるのは、「人間」、「己」、そして「情熱」


他を参考にした取り組みは、成功しやすい

他を真似した取り組みは、失敗しやすい


攻めることは、守ることでもある

守ることは、攻めることではない


目的が曖昧な活動は、内容も曖昧となる


「当たり前」は、相当の理由によって「当たり前」となる


不十分な理解で下せるのは、不十分な判断である


幾千の成功を収めても、万に一つの失敗で、全てが台無しになることもある