まちづくり研究会

6月14日(火)、まちづくり研究会に出席しました。

 

テーマは、「『徒蔵(かちくら)エリア』のまちづくり -台東モノマチ 2022 を体験して-」です。

先月実施された「モノマチ 2022」や「台東デザイナーズビレッジ(デザビレ)」に、有志や個人で参加・視察しました。

そこで、その内容を基に、考察を行いました。

 

最初に、徒蔵エリアの概要やモノマチ、デザビレの説明がありました。

デザビレ開設時のコンセプトやモノマチのスタート時からの流れなどといった紹介があり、過去から現在まで理解できました。

 

続いて、参加者の感想の発表や意見交換がありました。

視察で得た知識の共有や、廃校活用やインキュベーション施設としてのデザビレの評価、モノマチの意義、ファッションとクリエイティブ・まちづくりの考察など、様々な意見や感想が出ました。

 

廃校活用やインキュベーション施設、モノづくり系イベントの好事例の1つです。

今回得た知見は、今後に活かしたいと考えます。

五反田

昨日、五反田に行きました。

 

五反田案件です。

案件自体は継続していたものの、五反田に来たのは2020年12月以来のようでした。

 

今年5月には、工場での経営説明会と社員面談に参加しました。

今回は、本社での社員面談に参加しました。

 

昨年は全体での面談でしたが、今年は個別でした。

各人30分程度だったものの、思っていた以上に話ができたようでした。

 

普段よく顔を合わせている社員でも、普段では話さないような内容もありました。

こういった機会を設けることは有益であると、再認識しました。

コンテンツビジネス研究会

昨日、コンテンツビジネス研究会に参加しました。

 

会場とオンラインのハイブリッド開催です。

2つの発表がありました。

 

1つ目は、「笠松競馬場」です。

岐阜県にある地方競馬場に訪問した事例の紹介がありました。

 

人気作品「ウマ娘 プリティーダービー」に「ウマ娘 シンデレラグレイ」という漫画作品があり、笠松競馬場が舞台として登場してるそうです。

そこで、この作品とコラボレーションした競馬レース「ウマ娘 シンデレラグレイ賞」や関連企画が実施されたとのことです。

 

結果、作品のファンなどが押し寄せ、超満員になりました。

通常で週2億円程度の売上が、この日だけで5億円に達したそうです。(笑)

 

2つ目は、「コンテンツと行政」です。

日本SF大会で発表された内容を編集した、特別編でした。

香川県が舞台のコンテンツとそれを生かした取り組みに、行政どうが関わったか(或いは、関わらなかったか)などといった内容でした。

 

自治体や地域としては、特に次の2つが注目されるそうです。

 

多くの事例と共に、取り組み内容や温度の違いのようなものを理解しました。

行政の関わりとしてどのような形が可能か、意見交換できました。

 

個人的には、作者の出身地などを舞台にした作品を用い、その地域で取り組みを行うというのは、好ましい形と考えています。

どちらの発表もコンテンツと地域の関わりで、興味深かったです。

2022湘南ベルマーレ パートナーミーティング

昨日、「2022湘南ベルマーレ パートナーミーティング」に参加しました。

 

湘南ベルマーレのイベントです。

オフィシャルクラブパートナーとサポートコーポレーションの参加がありました。

 

メインイベントは、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の野々村芳和チェアマンの講演です。

ベルマーレの水谷社長との対談形式で行われました。

 

チェアマン就任の経緯、北海道コンサドーレ札幌での活動、地域活動、チェアマンとしての考え、サッカーなど、色々な話題が登場しました。

考えをはっきりと表明しようとする姿勢や「空気」という言葉が多く登場したことなどが、印象的でした。

 

チェアマンの役割の大変さが、感じられました。

史上初の元Jリーガーのチェアマンとしてどのような活躍をされるか、期待したいです。

健康診断

本日、健康診断を受診しました。

 

今回も、当日分かる項目では、特に大きな問題はなさそうでした。

また1年、健康に過ごせればと考えています。

 

初めて、胃カメラを経験しました。

昨年、「30歳を過ぎたら胃カメラ」と、採血中に猛烈に?プッシュされたためです。

 

喉の麻酔を初めて知り、内視鏡のケーブルは想像より太いなど考えました。

生きていると色々経験できますね。(笑)