まちづくり研究会

昨日、まちづくり研究会に出席しました。

 

10/9(金)には、塩尻の視察を実施しました。

ただ、平日開催や人数制限などの事情がありました。

このため、定例会も実施されることとなりました。

 

テーマは、「塩尻視察団からの報告」です。

塩尻の視察参加者から、報告がありました。

就労支援施設「KADO」、シビックオープンイノベーション施設「スナバ」、機能融合型市民施設「えんぱーく」について3名の発表があり、併せて質疑や意見交換が行われました。

 

各施設に対する参加者の関心が高く、活発な意見交換がありました。

塩尻に関する新たな情報提供もあり、理解が深まりました。

 

今回も、オフライン(会合)+オンライン(Web会議ツール)での開催でした。

時間的制約などで参加できない場合、オンラインで参加できるのは便利そうです。

 

このスタイルも、新常態として定着するかもと考えました。

まちづくり研究会

10/9(金)、まちづくり研究会で視察を実施しました。

長野県の塩尻市です。

 

例年であれば一泊研修の時期ですが、今年は新型コロナウイルスの関係で色々と制約がありました。

このため、少人数での日帰りの視察となりました。

 

塩尻市振興公社の方からは、「KADO事業」を伺いました。

 

KADO事業とは、塩尻市が取り組む子育て女性の就労支援やテレワークを推進するプロジェクトです。

「KADO」という拠点施設を中心に、実施されています。

 

2010年にスタートし、2016年から本格化しています。

取り扱い事業や金額は着々と伸びており、現在は700人ほどがワーカーとして登録されているそうです。

 

振興公社にディレクターが配置され、プロジェクトがマネジメントされています。

ディレクターが核となる仕組みは、興味深かったです。

 

事業の拡大に伴い、ワークスペースの拡張も実施されています。

また、県内外の他地域とは、広域連携が行われているそうです。

 

続いて、「スナバ」について、運営の方から話を伺いました。

 

スナバは、塩尻市役所と市民が運営するシビック・イノベーション拠点です。

「コワーキング」「アクセラレーター」「リビングラボ」といった3つの機能を持ちます。

 

2018年のオープンですが、起業家支援のビジネスモデル・ブートキャンプは、既に2期行われています。

現在は、80人ほどがメンバーとして登録されています。

 

「えんぱーく」も見学しました。

えんぱーく」は、「図書館」「子育て支援・青少年交流」「シニア活動支援」「ビジネス支援」「市民活動支援」の5つの重点分野を融合させた市民施設です。

注目されている施設ということです。

 

今回も、多くの知見を得ました。

次回のまちづくり研究会では、参加者からの報告があります。

Kintone説明会

昨日、東京都協会の「Kintone説明会」に参加しました。

 

東京都協会では、会員向け情報提供の推進や協会活動支援機能の強化が進められています。

そのためのツールとして、サイボウズ社Kintoneが用いられるとのことです。

その説明会でした。

 

全会員に対して、IDが付与されているそうです。

支部や研究会といったグループでの活用も、検討されています。

 

今後、どのように活用されるか、期待したいと考えます。

コンテンツビジネス研究会

昨日、コンテンツビジネス研究会に参加しました。

 

今回も、オンラインです。

新型コロナウイルス感染症の状況により、当面はオンライン開催が続く予定です。

 

テーマは、「コロナ禍前後の音楽業界」でした。

コロナ禍前後で音楽業界がどうであったか、どう変化したのかといった内容で、発表がありました。

 

コロナ禍前の音楽業界としては、次のような点が印象的でした。

  • 世界の音楽産業の収益で、ストリーミングのシェアが50%を超えた
  • 世界の音楽産業の収益は、2010年代前半まで下降が続いていたが、ストリーミングの拡大と共に上昇に転じている
  • 日本は、音楽配信(ストリーミング、ダウンロードなど)のシェアが1/4未満で、世界とは異なる様相となっている

 

コロナ禍後の音楽業界では、ライブ市場を中心とした状況の紹介がありました。

2020年の日本のライブ・エンタメ市場の規模は、2019年に比べて1/3程度になるといった見通しが出ています。

その中でも、デジタルライブは、市場規模の拡大が期待できるそうです。

 

新常態の中で音楽業界がどう変わっていくか、活発な意見交換がありました。

ライブ市場では、リアルとデジタルの違いを理解しつつ、その両方をうまく組み合わせて市場を大きくする必要があるかと考えられました。

まちづくり研究会

昨日、まちづくり研究会に出席しました。

 

テーマは、「スマートシティ最新動向について」です。

岡野翔運さんによる講演がありました。

 

岡野さんは、まちづくりや都市政策、スマートシティなどの分野で活動されています。

当研究会の代表と縁があり、スマートシティに関する調査・研究、発表などを行われていて、今回の依頼となりました。

 

講演では、スマートシティの歴史、世代等による分類、日本や海外の事例紹介などが登場しました。

特に、取り組みに積極的な国・自治体や巨大プラットフォーマー等の存在により、デジタルツインなど海外では日本の一歩二歩先を行っている話が印象的でした。

 

次いで、先月実施の「FujisawaSST視察」の振り返りがありました。

参加者による報告の後、意見交換を行いました。

 

先月と今月の視察、講演、意見交換といった活動により、スマートシティに関する知見を深めることができました。

まちづくりにおける大きな動きの一つとして、今後も注目したいと考えます。

 

今回の定例会では、京橋の施設を利用しました。

今後も、使用が増える見込みです。