オンラインミーティング

昨日、オンラインミーティングを行いました。

 

五反田案件です。

先月の本社向けの経営説明会と社員面談などを中心に、話をしました。

 

4月の工場向けを経て、6月の本社向けの経営説明会と社員面談の後、次のような取り組みが行われています。

  • 工場の月例ミーティングに、本社メンバーも参加(基本、全員)
  • 個人目標の情報共有化
  • 経営者と工場長のコミュニケーションの増加
  • 在庫や不用品の整理、片付け

 

販売管理システムの導入検討などやや進みが悪いものもありますが、全体としては色々と取り組みが進んでいるようです。

経営説明会と社員面談を実施した効果は、あったかと考えています。

 

この支援活動は、緩やかに続ける方向です。

次は、業務分担の偏りが大きいといった問題を検討する予定です。

まちづくり研究会

昨日、定例会に参加しました。

 

緊急事態宣言の関係で、今回もオンラインのみの開催でした。

 

テーマは、「訪れたくなるまちとは」です。

2つの発表がありました。

 

1つ目は、「人が集まる商業施設」です。

昨年や今年オープンした商業施設を中心に、事例の紹介がありました。

 

コロナ禍ではあるものの、商業施設のオープンは続いています。

フロア構成やテナントなどと共に、商業施設に深く関係した専門家としての分析の発表がありました。

 

2つ目は、「地方都市 わざわざ訪れたい商業スポット」です。

地方都市の注目スポットとして、次の紹介がありました。

 

 

沼垂テラス商店街は、2019年に当研究会でも視察しています

 

2時間程度の中で、30近くの事例と共に、ポイントやヒント、分析の紹介、質疑などがありました。

時代の傾向を正しく掴み、活動に活かせればと考えます。

コンテンツビジネス研究会

昨日、コンテンツビジネス研究会に参加しました。

 

オンライン定例会です。

2つの発表がありました。

 

1つ目は、コロナ禍での芸術家支援です。

支援金・補助金や、支援活動の紹介がありました。

 

支援金は中小企業庁の「一時支援金」「月次支援金」、補助金は文化庁の「ARTS for the future!」などが登場しました。

実際に行った支援活動における苦労など、勉強になりました。

 

2つ目は、「コンテンツのネット配信と知的財産」に関するシンポジウムの参加報告でした。

シンポジウムは、日本知財学会の開催です。

 

講演では、マンガ、ライブ配信、音楽ビジネス、海賊版サイトが登場しました。

それぞれの分野の大手事業者や専門家からの発表で、密度の高い内容だったようです。

 

個人的には、巣ごもり消費の大きさや、マンガアプリ「ピッコマ」の急成長、配信ライブの料金設定、日本における音楽サブスクの定着は海外に比べると難しい?、などといった点に特に興味を持ちました。

 

デジタル技術とコロナ禍による変化を考えさせられる定例会でした。

目黒

昨日、目黒に行きました。

 

五反田案件です。

(目黒で五反田とは、これ如何に)

本社向けの経営説明会と社員面談に参加しました。

 

基本的には、工場で実施した流れと同じです。

ただ、環境や時間の関係で、社員面談は個別でなく全体で行いました。

予想より長くなりましたが、色々と話が聞けました。

 

多くは、人の問題です。

正に中小企業にある問題といった感じでした。

(もっども、大企業でも同様の問題はあるでしょうが)

 

この先、どこまでどう関わるかは、まだ決まっていません。

「5年後に向けて」として立てた目標に向かって進めるよう、できる範囲で協力できればと考えています。

神奈川県中小企業診断協会 定時総会

昨日、神奈川県中小企業診断協会の定時総会に参加しました。

 

昨年に続き今年も、オンラインの総会でした。

主な議案は、昨年度の事業報告と収支決算案の承認、今年度の事業計画案と収支予算案の承認、役員選任案の承認などでした。

 

今年は、会長の交代がありました。

士会(神奈川中小企業診断士会)の方でも、会長が変わるようです。

 

神奈川県協会に入会して、11年になりました。

長いような短いような期間ですが、多くの変化があったものと思いました。