まちづくり研究会

昨日、まちづくり研究会に出席しました。

 

会場とオンラインのハイブリッド開催です。

 

1つ目のテーマは、総会です。

昨年度の活動と収支の報告、今年度の活動計画と予算、運営体制を決議しました。

また、研究会発足25周年ということで、記念事業の検討を行いました。

 

2つ目は、「地域経済循環分析」です。

地域の稼ぐ力を考えるという視点で発表がありました。

 

観光庁地域経済循環分析をツールとして用い、地域経済の全体像やお金の流れなどを表し、分析が行われました。

具体例として、神奈川県鎌倉市、栃木県日光市、岐阜県高山市の分析結果や考察が紹介されました。

 

年度初めということで、複数の見学者がありました。

今年度も、様々な活動を予定しています。

オンラインミーティング

本日、オンラインミーティングを行いました。

 

五反田案件です。

人員の問題や来年度の事業計画について、話をしました。

 

大手企業の不祥事の影響で、外部環境的には難しい状況が続いています。

来年度は、それを踏まえた計画になる予定です。

リトアニアウィーク

昨年11月、平塚市とリトアニア共和国のカウナス市で、姉妹都市提携が結ばれました。

それを記念してリトアニアウィークと題したイベントが開かれていて、見学してきました。

 

主な目的は、「カウナス市の世界遺産」という講演です。

同市出身の国際交流員により、リトアニアやカウナス市、昨年9月にユネスコの世界文化遺産に登録されたモダニズム建築の紹介がありました。

 

1919年に首都ヴィリニュスがポーランドに占領され、1939年までカウナスが臨時首都になっていました。

その間に、近代様式にリトアニアのテイストが入った約6千棟の建物が作られました。

 

以前は、市民にとっては当たり前に存在するもので、あまり意識されていませんでした。

世界遺産登録により、市民の意識も変わったようです。

 

パネルでの紹介もありました。

 

物産展もあり、記念に幾つか購入しました。

まちづくり研究会

昨日、まちづくり研究会に参加しました。

 

会場とオンラインのハイブリッド開催です。

テーマは、「日本橋浜町まちづくり」です。

 

不動産会社で日本橋浜町のまちづくりを担当している会員による発表です。

狙いやコンセプト、取り組み内容などの紹介がありました。

 

当初は再開発を中心に検討されていましたが、市況の悪化により難しくなりました。

そこで、エリアの価値向上や街への愛着心醸成を狙った取り組みへと変化しました。

 

具体的には、街の賑わいの創出として街なかテナントの誘致や開発・マルシェの開催、情報発信・PRとして浜町情報発信サイトの開設や地域情報紙の発行、利便性の向上としてバスの無料巡行などが実施されました。

 

結果として、魅力的なテナントの誘致や地域活動の増加、日本橋浜町の認知度の向上などの効果がありました。

エリアマネジメントの組織として、一般社団法人日本橋浜町エリアマネジメントが誕生しています。

 

会員が関わる事例ということで、詳しく理解できました。

多くの質問や感想が出ました。

 

その他、今年度の振り返りと来年度の企画の検討がありました。

来年度の企画は、来月も検討する予定です。

コンテンツビジネス研究会

昨日、コンテンツビジネス研究会に出席しました。

 

会場とオンラインのハイブリッド開催です。

テーマは聖地巡礼プロジェクトで、前回の事例の1つであった秩父の報告と進め方の発表でした。

 

前回の2016年以降にあった作品(「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」「空の青さを知る人よ」)や地域(秩父)での出来事の紹介がありました。

作品では、アニメ映画や実写ドラマ・映画の公開、舞台化などがありました。

地域では、ファンイベントやボランティア活動、マンホール設置、10周年記念イベントなどがあったそうです。

 

進め方では、実施内容やスケジュール案などの発表がありました。

それをきっかけに、プロジェクト全体での検討も行われました。

 

まだ流動的なところはありますが、形が見えてきていると考えています。